価格設定を感覚で決めるのでなく適正に決めるには?


今日のテーマは、最近相談があった話題。
「価格設定の仕方」

値段を決める時、あなたはこんな悩みをもっていませんか?
自信がないから価格を下げる。周りに合わせて決めてしまう。今までの感覚で決めてしまう。
何を隠そう、私がそうでした。価格を上げたらお金をいただきにくい。この値段でいったら相手が引いてしまうから下げてしまおう。受注を取る事に執着してしまい、相手の状況に合わせて価格を下げる。

こんな事をしていたら、自分が辛くなっていく一方です。
そこで私自身の価格設定を見直そう、また相談を受けた時にいい本があったので、ご紹介します。
価格設定に困っているのなら、お役にたつ1冊になるはすです。

 


【1分でわかる本の要約】

あなたは、商品の価格設定で
こんな間違いをしていませんか?

・自分の直感で価格を決めてしまう、、、
・競合の価格に対抗して決めてしまう、、、
・原価に必要な利益を乗せて決めてしまう、、、

ここに挙げたのはほんの一例ですが、
このような間違いは、
あなたにも身に覚えがあると思います。

しかし、これらの間違いは、
次の最大の間違いに比べれば
大したことではありません。

それは、、、

お客から見て、
自分の商品がいくらの価格が適正なのか?
そして、利益を最大化できる価格はいくらなのか?
そのポジショニングを知らないということです。

ほとんどの社長、起業家は
自分の商品の適正な価格を知りません。

その結果、多くの場合、
「この商品は価格が高いと思われて
お客を逃してしまったらどうしよう。。」
と考えて、安い価格を設定し、
値引き合戦の泥沼にはまってしまいます。

不思議なことに、
「値引きをすることで、
儲けが減ってしまったらどうしよう」
と考える人はほとんどいません。

かと言って、もちろん
法外な価格を設定しては
お客は買ってはくれません。

では、どうすれば利益を最大化しながら
適正な価格設定ができるのか?

そこであなたにオススメしたいのが、
この本、ダン・ケネディの
「世界一ずる賢い価格戦略」です。

http://directlink.jp/tracking/af/1459691/99YDG02L/

この本のテーマは、
いかに「儲かる価格設定」をするか?
です。

そして、それをダン・ケネディ自身や
彼のクライアントの実体験に基づいた、
効果実証済みで極めて実用的な
価格戦略をこの本で公開しています。

もしあなたが、あなたの商品を
今の価格よりも高い価格で売りたいのなら、、、

高い価格設定にしても、
お客があなたから買いたいと
思ってもらえるようになりたいのなら、、、

そして、利益を今の何倍にもしたいのなら、、、

この本に書かれた価格戦略を
実際に試してみてください。

http://directlink.jp/tracking/af/1459691/99YDG02L/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です