文章書くのが苦手なのを克服するための心構え


文章の書き方を無理して学ぶより、文章を書けないと思う理由を知り対策を練る方が上達は早い

4年前まで、文章書くのが大嫌い、誤字脱字を突っ込まれる度に文章書くのいやや〜と思っていた私です(笑)

文章の書き方、いろいろとありますので書き方を学ぶのもいいですが、文章をかけるようにしよう!
と意気込んでいる人にとって、よく立ちはだかる壁があります。

 

「文章書くのが苦手」という思い込み。

 

おいおい、気持ちの問題かよ。とツッコミが来そうですね(笑)
それでもそう言うのは、私が過去に思い込みが強く、文章をいくら書いても上達せず、文章書いてるのに書くのが苦手だったからです。

 

 

思い出深い出来事に、7年くらい前の話ですが私がmixiをやっていた頃、日記機能を使い思った事を自分の思うがままに書いていました。(週2くらい)
この日記、辛い時には愚痴を思うがままに書いていたんです。
それを続けていたら、ある日、愚痴日記を書いた翌日、友達が一気に10人程減り、更に友達からそんな内容をmixiで書いてるんじゃないって突っ込まれました。
この時はかなり落ち込みましたが、落ち込んでいて現実逃避しかしていなかったので、落ち着いたら復帰して、同じ事を繰り返して、一喜一憂する。愚痴って落ち込んで…

ようするに、気分屋でした…今思えば恥ずかしい話です。だから当時は文章なんて、できる限り書きたくないと思っていながら、日記は定期的に更新するという、今思うと、矛盾してる事をしていました。

自分の事ながらバカだな〜と思いますが、昔の僕みたいな人っていると思うんです。
そこで、「文章を書くのが苦手」という人によくありがちな事を上げてみました。以下の事に2つ以上当てはまる場合は要注意…


・ 文章で物事を伝えるのは難しい。
・ とにかく書けば大丈夫でしょ?
・ 文章をたくさん書けば、表現豊かに思わるでしょ?
・ 「楽しい」「ワクワク」「夢」「やりたい事」とかいってたら、ポジティブさ伝わっていいでしょ?
・ 仕事の文章は、とにかく丁寧語いれれば大丈夫でしょ?
・ 1度書いた文章は、読み返す事とかめんどくさい。
・ 文を書く時、区切りを気にせず、思うがままに書いてる。


要因はいろいろありますが、例えみんながよく使っているいい言葉を使えばいいという訳でもないです。

といって、すぐに改善するのは難しい…
と思うあなたに、今すぐできるポイントをお伝えします。

 

「文章を書き始める前に、まず結論を決めましょう」

 

これを意識するだけで、文章の伝わり度は上がります。特に短い文章のやりとりである、LINEやFacebook等ですね。
文章を書くのが苦手だと思っている方、ぜひお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です