「思い立ったが吉日」〜トリコを参考にした2017年の抱負〜


1年のテーマを早く決めれば行動も早くなる!

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

個人的な事としては、独立をして3年目になります。
3はよく節目に使われる数字です。パッとおもいついた3つの単語。

・3日坊主
・3週間続ければ習慣化できる
・あなたの会社は90日で儲かる

最後は3の倍数繋がりですが、良書である神田昌典さんの本です。
さて、今日のブログは新年最初という事で、私自身の抱負を書きます。

 

2017年の抱負は…

「思い立ったが吉日」

個人で仕事をしていると、自分で選んで決めて行動に移す機会がとても多いです。自分で動いた分だけ経験となり結果が出ます。これは経営者の方でも、サラリーマンで仕事をしていても、小さいお子さんでも少なからずあります。

去年、一昨年を通じて、一番の反省点は「スピードの遅さ」
この反省点を改善するべく、何がいいかなと考えていたら、この言葉にたどり着きました。
何より決め手となったのは、少年ジャンプ「トリコ」のこの言葉

↓    ↓    ↓

引用元:少年ジャンプ トリコ第1巻

 

この言葉が出た経緯は、第1話で、シェフ小松が自分の意志で命の危険がある地域へ、トリコと共に行こうと決めた小松に向かって、トリコが発したセリフです。

 

「思い立ったが吉日」ならばその日以降はすべて凶日。

 

ここ2年間の反省点を浮き彫りにされたようなセリフが、心にグサッと刺さりました。
思い立った日に、どんな小さな事でもいいのでスタートしないと大抵の事はやらなくなる。また後回しにして痛い目を見る。
スタート日を明確にするでもいいと思います。

という事で、抱負を元に2017年は活動していきます!

 

今この記事を読んでいる方で、抱負を決めていない方がいましたら、何でもいいので1年通じて意識していこうと思える事を決めると動きやすくなると思いますので、オススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です