【未来に残せるオンリーワンの作品作り】バルト工房レポート


オンリーワンの作品を作るのは楽しいこと

経営者の会の1つ、同友会でのご縁で、愛知県の瀬戸市にある李 末竜さんが営むバルト工房へ伺ってきました!
工房では、ガラスの作品を作れる体験会を開催しています。
1番のポイントは、お客様自身が大きさや柄を決めて自分で作れる事。
もちろん、全て1人でなく、李さんによる作成フォロー付きです。
その現場を見てきました。

 

 

 

 

 

 

 

外国人の作品作り体験に密着しました

今日は、外国人の方が来られてたので、僕は、現場見学しながら写真撮る係もしました。
今回みなさんが作成されたのは『グラス』
李さんの指導が親切かつ的確なので、みなさん、楽しそうに作業を進められ、あっという間に完成させていました。

 


お一人目、ご夫婦で初体験の旦那様。真剣かつ楽しまれてました。

 

お二人目、ご夫婦で初体験の奥様。ちょっと驚きもありながら、とっても楽しそうでした。

 

三人目、普段はアメリカ在住のリピーター、何度もこられているそうです。
アメリカの友人へのプレゼントに作成されていました。

 

外国人にも人気がある理由〜作品をクリエイトできる事

作業や対応を見ていて、李さんの外国人に対しての対応がスムーズだったのが気になり、李さんに、いろいろご事情を伺ってみました。

外国では、一般の方が何かをモノ作る機会が少なく、ガラス工房や陶芸は観光に人気があるそうです。そのため、バルト工房にも日本人だけでなく、外国人の方もよく利用されるそうです。

 

 

次なる挑戦「赤ちゃんの手足を未来に残せるサービス」

今は、ガラス作品の作成体験に加えて、赤ちゃんの手や足を型取りしてガラス作品に加工するサービスもされてます。
そのサンプルを見せていただきました。

 

サービス名「スーベニールママ」
スーベニールママの特徴は、未来に残せるオンリーワンの作品作り、作品を通じて、作成した当時を振り返れる。
しかも、ガラスは丈夫なので壊れる率が低く、万が一壊れても部品さえ残っていれば、修復も可能な、思い出を形にし、未来に残せるサービス。
とってもいいなと思いました。

自分で作った作品を自分で使える。作成者が自分なので愛着もわく。
とてもいい事業をされているなと感じました。
僕も、将来子供ができたらお願いしようと思いました…いつになるやら(笑)

李さん、同行させていただいた皆様、ありがとうございました。

 

 

編集長

関上 直人

 


関連リンク
バルト工房にご興味ある方は、以下のURLより詳細をご覧ください。

バルト工房URL
http://www.baltkobo.com/index.html

スーベニールママURL
http://www.akachan-tegata.net/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です