ぶり活2017 7日目「ハンドボール」


 

こんにちは。

関上です。

7月18日からスタートした朝活こと「ぶり活2017」

朝活で感じた事を残す、好きな事を好きになったのには、すべて理由がある。

という事を知ってもらう意味合いで、ブログを書いています。

7日目は、僕の高校時代の青春スポーツ

「ハンドボール」

 

ハンドボールを知ったキッカケ

 

高校生1年生、高校ライフをバイト漬けにしようと思っていた僕に、

高校初の友達(後の親友)から、俺も挑戦なんだけどやってみない?

と誘われ入部したのがキッカケです。

 

当時の僕は、身体がふっくらで体つきはアキバにいそうなオタク体型。

しかも不器用だったので、ボールさばきしてもて下手でした。

そこでキーパーをする事に。

 

最初はうまくいかなくて半年間、親父が通っていたジムに通い身体を絞りました。

身体が固いとキーパーは務まらないからと、毎日柔軟してやわらかくもしました。

でも1年目は、全然うまくならなくて、足引っ張ってました。

 

変化が起きたのは2年生の夏、夏の合宿時になんか覚醒したらしい?

積み上げてきたのが一気に活かせるようになった。こんな事あるもんだって感じです。

試合でも活躍できるようになったので、いい感じにと思ったら、今度は悲劇が…

 

冬になり、9人いた部員中7人辞めるという事件。練習は確かにきつかったです。

ハンドボールは7人競技なので、どないしようと。

もろもろ理由はあるのですが、どうしようとなりました。やる意味はあるのか?

ただ、ハンドボールに誘ってくれた親友は残留で、1人になってもやるといいました。

 

僕はコイツを1人にしたくない。という事で残りました。

引退試合もできるかわからないのに。でも、諦めずにやりきると決めました。

そうしたら、共に練習していた女子が練習のフォローしてくれたり、顧問の先生は

練習試合の時に他校の人に声をかけて、僕らをいれてくれたりしました。

 

そうして3年の春、必死に新入生を勧誘しました。

結果はわからないけど、やれる事はやりきろうと。

したら、奇跡の5人入部。マイナーなスポーツにもかかわらず。

その結果、引退試合をする事ができました。

 

1回戦負けではありましたが、僕と親友はやれる事はやりきろうと気迫で試合に臨み、

3年間やってきた事をだしたら、相手チームにも伝わったのか、試合終了時に

すごかったです。という言葉と共に握手を求められました。

 

という高校時代の青春であり、

頑張れば報われると感じられた事。

やると決めた事は最後までやり通す。

という気持ちを持てるようになった原点です。

 

懐かしい引退試合時の写真、ぼやけてますけどね(笑)

 

 

今でも好きな理由

ハンドボールは原点であり、どれだけ歳をとっても一生の思い出。

つい、いろんな出来事が起こり忘れかける事もあるけど、

この出来事は、一生支えになる気すらしています。

 

ひたむきに頑張り続けていれば何かは起こる!

将来に活かそうと思うこと

当時の親友は今でも会うので、付き合いを持ち続ける。

困難な事が起きて、諦めかけてしまった時に再起する時に思い出す。

たまにはハンドボールをやりたい。

 

 

編集長

関上 直人

 


【ご案内】

1.ぶり活2017 2017年中は、毎日のように開催中♪

詳しくは下記URLより詳細ご覧ください。

 

ぶり活2017とは?【2017年中に行う朝活案内】

 

2.進撃の童貞出版4周年記念キャンペーン

自著「進撃の童貞」が出版されて4周年を記念して、

セルフ出版キャンペーンを行なっています。

いつか著者になりたい、出版に興味ある方、詳細をご覧ください。

https://peraichi.com/landing_pages/view/selfpublising

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です