電子書籍、年々じわりじわりと利用者が増えています。

その背景には、様々な試みが行われている事が上げられます。

 

◆大手出版社の参入、電子書籍のキャンペーン等が行われており、

対象商品が、半額かそれ以下の価格で買える事もあります。

◆紙の書籍が販売されたら、電子書籍が1〜2割引で販売される。

◆2020年に、小中学校に電子教科書導入が検討されている。

 

そんな電子書籍ですが、2014年〜16年の利用者の増加は、

じりじりと伸びているくらいです。

私の身近な友人やお会いした人に聞いてみると、

こんな声を聞く事が多いです。

 

・知っているけど読んだ事無い。

・紙の本を読むから、電子書籍は読まない。

・マンガなら読んだ事がある。

 

という声が多数なので、もしあなたが電子書籍を

読んだ事ないくても、それが普通だと思います。

そんな電子書籍の便利な点は、

なんといっても一度ダウンロードさえすれば、

お持ちの端末で読むことができる事です。
(スマートフォン、タブレット、PC)

そのため荷物にならず、読みたい時にパッと読める。

最後に読んだページを記憶する、しおり的な機能もあります。

電子ならではのメリットもありますが、私の電子書籍に対する見解は、

 

「紙の本と電子書籍は、シーンに合わせて両立するのが一番」

 

だと思います。

実際電子書籍を読む方は、紙の書籍も読んでいる事が多いです。

ただ、電子書籍は確実に利用するシーンが増えていくと思いますので、

一般の方々にも少しずつ認知され、利用者数は増えていくはずです。

 

そこでこのページでは、電子書籍を利用と思った時に

大きな壁の1つを解消していきます。

それは…

 

「読み方がわからない事」

 

このページで一度覚えれば、いつでも購入でき読む事ができます。

電子書籍の読み方を紹介します。

※この記事では、電子書籍市場の中でも1番有名なAmazon系列のKindle。

iPhone(アイフォン)・iPad端末での購入方法と閲覧方法をご紹介します。

 


◆ Kindleアプリのダウンロード

 

電子書籍を読むためには、購入する前に

Kindleアプリのダウンロードが必要です。

iPhoneの「App store」からkindleと検索して、

アプリのインストールを実行します。

 

※ アプリは無料です。画像上は雲のマークなっておりますが、

ダウンロードしていない場合は「入手」となります。

また、Apple IDやパスワードの入力を求められた場合は、

入力した上でダウンロードを行なってください。

 

kindle01

 

アプリのダウンロードは、おおよそ2~3分程で終わります。

インストール完了しましたら、「開く」をタップします。

 

kindle03

 

この後、ジャンルの選択等ありますが、無視をして「次」

をタップしますと、本の評価などを聞かれる事がありますが、

無視して進みましょう。

 

iPhone02

 

この後、ジャンルの選択等ありますが、無視をして「次」

をタップしますと、本の評価などを聞かれる事がありますが、

無視して進むと下記のような表示になります。

 

s__83288070

 

 

これでKindleアプリを使う準備ができました。

続いて、電子書籍を購入、ダウンロードをしてみましょう。

 


◆ 電子書籍のダウンロード方法

 

はじめは何も書籍がない状態ですので、

無料書籍のダウンロードしてみましょう。

iPhoneの場合、インターネット上から電子書籍を購入をします。

 

1.インターネットを開き、「Kindle」と検索し、Kindleサイトへ進みます。

 

Kindle04

Kindle05

 

2.kindleのサイトが開いたら、「検索欄」に欲しい書籍のタイトルを入力し、対象の書籍をタップします。

(今回は「進撃の童貞」と入力)

 

Kindle06

 

3.次の画面で、購入画面がでますので、「今すぐ無料で取得」をタップします。

 

Kindle07

 

4.Amazonへのサインインを求められますので、Amazonアカウントでログインをします。

※ アカウントをお持ちでない方は、メールアドレスとパスワードを設定するだけで

無料登録ができますので、登録作業を行なった上でサインインをしましょう。

 

Kindle08

 

5.ダウンロード先を確認する画面ですので、受信端末は変えず、「続行」をタップ。

 

Kindle09

 

6.ダウンロード完了。「Kindle for iPhoneで今すぐ読む」をタップすると、Kindleアプリが起動し、すぐに電子書籍を読む事ができます。

 

Kindle10

 

※有料書籍を購入する場合は、以下のような画面となります。

「1-Clickで今すぐ購入」をタップします。

初回購入時、住所と書籍購入の決済に使うクレジットカード情報の入力が必要となります。

 

Kindle11

 

これで電子書籍が読めるようになりました。

次に電子書籍の読み方をご紹介します。

 


◆ Kindleアプリでの電子書籍の読み方

Kindleアプリには、たくさん機能があります。

その中で、よく使う機能に絞って紹介します。

 

1.Kindleアプリを起動、Amazonのアカウントでログインします。

2.購入した書籍をタップします。

 

 

3.電子書籍を読む操作

 

◆ページをめくる方法

・画面を「左にフリップor画面左側をタップ」すると次ページ

・画面を「右にフリップor画面右側をタップ」すると前ページ

 

◆メニューの表示方法

左上の赤丸をタップするとメニューを表示できますが、使う項目は2つ

「ライブラリ」:本棚に戻る

「目次」:目次を表示し、対象のページに進む

 

Kindle14

 

◆文字の表示変更(大きさ・背景等)

電子書籍を読みやすくするため、文字の表示設定を変更できます。

小さい文字が見えづらいという方は、大きくする事ができます。

 

・2種類の「Aa」

大きい方をタップすると、文字が大きくなります。

小さい方をタップすると、文字が小さくなります。

・「明朝」:文字のフォント変更

本文中の文字フォントを変更できます。

・背景の変更

白・黒・セピアの3種類を選べます。

 

Kindle15

 

※お持ちのiPhoneのバージョンや端末、アプリの更新により、

見え方が変わる恐れがあります。

 


 

このように、初回は多少手間がありますが、2回目以降は

本を探して購入するのみです。

 

書籍のタイトルさえわかれば、探す手間がなく、気になった書籍をすぐに読める。

また、立ち読みのようにKindleのサイトで本を眺めて、

欲しい本があったら、すぐ手元にくるのが魅力です。

 

本棚を持ち歩いているような感覚です。

 

文字の種類、大きさ、背景などの変更もできるのですが、

それは、また違う機会にご紹介します。

これから電子書籍は、少しずつ身近なものとなると思います。

ぜひ一度、電子書籍を読んでみてください。