ぶり活2017 13日目「刺身を造る」


 

こんにちは。

関上です。

7月18日からスタートした朝活こと「ぶり活2017」

ぶり活で感じた事を書くのを通じて、

好きな事を好きになったのには、すべて理由がある。

という事を知ってもらう意味合いで、ブログを書いています。

 

13日目は、好きな作業の1つ

「刺身を造る

 

刺身造りをはじめたキッカケ

高校3年生の時、バイトを始めたのが某地方スーパーの魚屋で、

鮮魚部門と関わった事がキッカケです。

はじめはバイトとして、商品の品出しや掃除を中心にやっていました。

その時、社員さんが魚さばいたり、刺身を造っているのをみて、

すげー、カッコイイと思いながら見ていました。

 

バイト初めて1年過ぎ、パソコン系の学科に通う専門学生となっていた僕は、

作業が効率よくできるバイトとして、社員さんと仲良くなった事から、

刺身の造り方を教えてもらいました。

つたないながらも、自分で何かを造れる事に感動したのを覚えてます。

 

そして、就職先も専門学校の学科を無視してバイト先に就職。

魚屋の社員として働くことを決めるまでになりました。

約3年間、仕事の日だけでなく休みの日も、月8日中4日程は、

お世話になった社員さんの所へお邪魔して、修行させてもらいました。

 

おかげで、約2年半でいっぱしに魚をさばき、刺身を造れるまでになりました。

あの綺麗なお造りを自分で造れるようになった時は感動でした。

その経緯から、やっぱりいいモノは1日してならず。

地道にやり続けてうまくなっていき、

成果につながると感じた思い出となっています。

 

 

以下の写真は。当時魚屋してた頃に造った刺身。

10年以上前なので、画質悪いです…

 

なぜ、今も好きなのか?

 

何かを自分で創るのが好きだから。

魚が好きなのもありますが、コレに尽きます。

今も趣味で、たまにお刺身を造りますが食べる以上に造る作業が好き。

あっ造ったらしっかり食べますよ(笑)

 

将来、やっていきたいこと

 

この刺身を造る時の楽しさを感じるような事を、

普段からもやり続けていきたいと思ってます。

 

どんなに辛い事や厳しい状況になっても、

その先にやりたい事があるなら、がんばれる。

それを体現してくれているのが、「刺身を造る」

 

未経験なんて関係ない。

1からでも頑張ればできるようになる!

この刺身を造るという思い出から、

そう思えるようになったので、

これからもいい思い出として大切にします。

 

 

編集長

関上 直人

 


【ご案内】

1.ぶり活2017 2017年中は、毎日のように開催中♪

詳しくは下記URLより詳細ご覧ください。

 

ぶり活2017とは?【2017年中に行う朝活案内】

 

2.進撃の童貞出版4周年記念キャンペーン

自著「進撃の童貞」が出版されて4周年を記念して、

セルフ出版キャンペーンを行なっています。

いつか著者になりたい、出版に興味ある方、詳細をご覧ください。

https://peraichi.com/landing_pages/view/selfpublising

 

3.公式LINE@はじめました!

「進撃の童貞公式LINE@」として、

ぶり活で感じた事から、自分の経験を活かすポイント

などを配信しています。

少しでもご興味ある方、以下のURLよりご登録ください。

https://line.me/R/ti/p/%40mok5995t

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です